キューティー・ワークの報酬は!?

キューティーワークの報酬
キューティーワークの報酬は、2人で話す「2ショットチャット」と、複数人で話す「パーティーチャット」が高額です。
パーティーチャットは、参加人数によって高収入を狙いやすく、その日の男性会員のIN率によって柔軟に稼ぎを変えられるので便利です!
キューティーワーク報酬
2ショットチャットの単価報酬 65円/分
2shotチャットの時給。65円×60分=3,900円
パーティーチャットの報酬単価 50円/分×人数
パーティーチャットの時給 50円/分×60分×1名=3,000円
男性と2人で話す2ショットチャットの報酬例
2ショットチャットの報酬は、1分あたり65円です。
1分間、男性と2人きりで話すだけで、65円もらえることになります
よって、1時間チャットした場合、「65円」×「60分」=「3,900円」稼ぐことができます。
2ショットチャットの報酬額シュミレーション
1時間 3,900円
2時間 7,800円
3時間 11,700円
4時間 15,600円
5時間 19,500円
キューティーワークの口コミ・評判 2ショット、男性と2人きりでトークを3時間行えば、1日1万円以上の収入となり、十分高収入です
1日1万円で30日だと30万円なので、キューティーワークの口コミが良いのも納得です
複数の男性と会話するパーティーチャットの報酬例
パーティーチャットの報酬は、50円/分の単価に参加人数をかけて計算します。
1人のお客様と1時間チャットした場合、「50円」×「60分」×「1名」=「3,000円」となります。
パーティーチャットの報酬シミュレーション
1名と1時間:3,000円
2名で1時間:6,000円
3人で1時間:9,000円
4人で1時間:12,000円
5人で1時間:15,000円
キューティーワークの口コミ・評判パーティーチャットの報酬は、参加人数に比例して2倍に!
男性会員のアクセスが増える22時以降は、パーティーのみで稼ぐ人も多いようです!
キューティーワークの計算式ページを見る
日払い・週払いが選べる
キューティーワークでは、報酬の受け取り方を「日払い」「週払い」から選ぶことができます。
これはいつでも切り替えられるので、最初はあまり深く考えずに適当に選んでも大丈夫です。
また、オフィスに通勤している方は、その日のうちに手渡しでお給料を受け取ることも選択できるので、金欠の時にはとても助かりますね
キューティーワークの応募方法
キューティーワークで働くには、応募して登録を完了させるだけです。
面接はないので、年齢条件を満たしていれば即採用で働き始めることができますよ。
キューティーワークの応募年齢
キューティーワークの応募年齢は、日本在住の日本人の場合、19歳以上となっています。
業界では18歳以上という年齢条件が多い中、キューティーワークの年齢条件は19歳以上となっています。
年齢の上限はないので、40代、50代の女性も応募できますよ。
応募の際に必要なもの
キューティーワークでは、登録時に身分証明書で年齢を確認させていただきます。
学生証、運転免許証、パスポートなど、何らかの身分証明書を必ずご用意ください。
なお、履歴書やマイナンバーの提出は不要です!(※)。
主な写真付き身分証明書
学生証
パスポート
運転免許証
住民基本台帳カード
保険証
キューティーワークの公式ページを見る
キューティーワークQ&A
キューティーワークに登録する際に疑問に思うことをまとめました。
ぜひ登録の際の参考にしてください
Q1:通勤と在宅のどちらがおすすめですか?
通勤と在宅ワーク、どちらにもメリット・デメリットがありますので、ご自身のスタイルに合った方を選択されると良いと思います。
ただ、キューティーワークは通勤オフィスが新大久保駅と大久保駅にしかないので、自宅から応募する方が良いと思います。
そこで、通勤と在宅勤務のメリット・デメリットを考えてみてください
通勤と在宅勤務のメリット・デメリット
通勤のメリット ・ハイスペックな設備環境
お菓子や飲み物が無料で提供される
豊富な衣装の無料貸し出し
すぐに相談できる。
スタッフが心強い
通勤は面倒くさい。
地方に行けば行くほど、便利な場所にオフィスがあるわけではありません。
終電や送迎などの関係で、深夜・早朝のシフトは難しい。
在宅ワークのメリット ・自宅で簡単に稼げる。
空いた時間にいつでも高収入を得られるのが理想的
在宅ワークのデメリット ・衣装を自分で用意する必要がある
サポートがメールや電話で行われるため、時間がかかる。
オフィス並みの設備を整えようとすると、かなりの費用がかかる。
(オフィスには高性能のパソコン、間接照明、ヘアセット、写真撮影などがあり、手厚いサポートが受けられる)
www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。