なぜサッカーにスクワットが推奨されるのか?

なぜサッカーにスクワットが推奨されるのか?
レッグエクステンションは、ベンチタイプの専用器具で行う筋トレメニューです。主に大臀筋と大腿四頭筋を同時に鍛えられます。
ドリブルやシュートに有効なランニングスピードやキック力の向上に欠かせないトレーニングなので、しっかりとコツを掴んでおきましょう。
レッグエクステンションの目安は、8回×3セットです。強度の高いトレーニングなので、必ず1回はインターバルを取るようにしましょう。
レッグエクステンションのポイントは、上げきった位置で1~2秒止めることです。負荷をかけ続けることで、より筋肉を刺激することができます。
また、大腿四頭筋が刺激されることで、他の部位に負荷が分散されないように意識することが大切です。
ダンベルツイストは、通常の腹筋トレーニングよりも腹直筋に大きな負荷がかかる筋トレです。ダンベルさえあれば、自宅でも実践できるトレーニングです。
腹直筋は、良い姿勢を保つために必要不可欠な筋肉です。正しい姿勢で撮影できるように、しっかり鍛えておきましょう。
スクワットをすることで得られる3つの効果
1.走力アップ
スクワットは大臀筋と大腿四頭筋に働きかけるため、この2つの筋肉群はランニング能力に大きな役割を果たします。定期的にスクワットを行うことで、ランニングのスピードやスタミナが大幅に向上します。
2.キック力の向上
スクワットを行うもう一つのメリットは、キック力の強化です。これは、スクワットで鍛えられる筋肉が、ボールを蹴るときに使われる筋肉と同じだからです。そのため、スクワットを行うことで、より力強く、正確にボールを蹴ることができるようになるのです。
3.サッカー全体のパフォーマンスを向上させる
最後になりますが、スクワットはサッカー全体のパフォーマンスを向上させることができます。これは、スクワットによって脚力と敏捷性が向上するためです。脚力が強くなり、機敏になれば、サッカー場での動きも良くなります。その結果、サッカーのすべてのスキルをより効果的に行うことができるようになります。
まとめ
このように、サッカー選手がスクワットを行うことには多くの利点があります。もし、あなたが本気でサッカーをレベルアップさせたいと考えているのであれば、スクワットをトレーニングに取り入れるようにしましょう。
http://trackmanopen.com/