「旧車」と呼ばれる往年のスポーツカーの中古価格が高騰している。

 「旧車」と呼ばれる往年のスポーツカーの中古価格が高騰している。自動車大手が開発を競った1980~90年代に売り出された車種に人気が集中し、発売時の4倍近くの値が付くケースもある。かつて憧れた車に乗りたいという思いとともに、車の電動化で「馬力の強いエンジン車に乗れなくなるのでは」というファンの焦りが背景にあるようだ。
【写真】レゴ48万個で作った実物大「スープラ」、走行も可能
進む電動化
(写真:読売新聞)
 中古車メディア「カーセンサー」によると、旧車の価格は走行距離や保存状態によって異なるが、状態の良い車は品薄で発売時を上回る状況が続く。93年にトヨタ自動車が発売した「スープラ」は当時289万~472万円だったが、7月時点の販売額は634万円に跳ね上がり、この2年で価格は約2倍となった。
 日産自動車「スカイラインGT―R」の89年モデルは740万円、90年にホンダが投入した初代「NSX」は1064万円だった。いずれも2年間で5~8割高騰した。新車発売時に親しんだ40~50歳代が主な顧客層となっている。
 横浜市で中古車売買を手がける「カレント自動車」の清水篤朗・買取事業部長は「豪快なエンジン音と加速が楽しめるスポーツカーがなくなってしまうのでは、という不安が広がっている」と説明する。自動車大手の新型車は、ハイブリッド車や電気自動車など環境に配慮した車が主流となっているためだ。